高すぎないこと

景品の選択ですが、あまりにも高すぎないようにしましょう。
ただの遊びに済ませたい場合、高すぎる景品を置いておくと本当に楽しく無くなることがあります。
あくまでも手に入ればいいな程度の景品にするようにしましょう。

ゲームの景品であまり高価なものを出すのは良くない場合があります。
あくまでも例えばですが、車一台を景品にした場合、真剣にゲームをすることは出来ますが、楽しいかというと人によって異なりますので注意です。
もちろん、人によっては楽しくゲームをする人もいるかもしれませんが、人によっては絶対に欲しいと思う人もいます。
それもゲームでは良いのかもしれませんが、あとでトラブルになることがありますので注意しましょう。
特に簡単なゲームですと真剣になりすぎて無駄なトラブルを生むことがあります。
ですから、あくまでもゲームの景品というわけで高すぎないのが良いです。
と言っても、小学生が遊ぶような景品が良いかというとそれはないので注意です。
もちろん、小学生を対象とするゲームの景品なら別ですがね。

高価な景品は場を盛り上げるためにも悪いわけではないですが、トラブル回避のためにも高すぎないようにしましょう。
そのさじ加減が結構難しいです。